星のしずく暮らし

自然と共に ゆったり暮らそ

星のしずく自己紹介&作品紹介

※いつも、このページがトップにくるように設定されています。日々の日記の更新は、記事の一覧をご覧下さいませ☆

日々の制作状況やワークショップの予約状況は、カレンダーをご確認下さい!
オレンジの枠で予定を書き込まれている日は、申し訳ございませんが来訪の受付ができませんので、ご注意下さい。



ワークショップについての記事
http://d.hatena.ne.jp/hikarinowa1123/archive?word=%2A%5B%A5%EF%A1%BC%A5%AF%A5%B7%A5%E7%A5%C3%A5%D7%5D


☆お味噌作りワークショップについて
http://d.hatena.ne.jp/hikarinowa1123/20151107/1446864561

予約状況は、カレンダーをご覧下さい。


カレンダー

https://calendar.google.com/calendar/embed?src=ce01p62gruts6j5ch59l716ef0%40group.calendar.google.com&ctz=Asia%2FTokyo


お味噌作りワークショップ申し込みフォーム

http://hoshinoshizuku.timelessberry.com/



お申し込みを頂いた方に個別に「星のしずく」への道案内メールを送らせて頂きます。





はじめまして☆

『星のしずく』です。


福岡県うきは市で、器作りをしながら、自然農で自給用の小さな畑をしたり、パンやお菓子を焼いたり、お料理ワークショップをしたり…

自然と共に暮らすライフスタイルの提案、日々の楽しく幸せな食卓の提案が出来たらいいなぁ〜と思っています。


日々の何気ない出来事や畑の様子、作品達、季節の食品加工、環境や社会的な事…その時々の感じた事を書いています。



この自己紹介や作品紹介のページがいつもトップにくる様に設定してあります。



定番のアロマ作品のご紹介。


「星座のアロマ&茶香炉」



星座の地図を見ながら、天の川やオリオン座などの星座をある程度正確に写しています。
ガラスのお皿を乗せれば、アロマライトに、陶器皿を乗せれば、茶香炉になります。
5W電球にすれば、常夜灯としても、お使い頂けます。

お祝い、贈り物などに喜んで頂いています♪



セット内容
☆ライト付き本体
☆アロマ用ガラス皿
☆アロマ用電球
☆茶香炉用陶器皿
☆茶香炉用電球
☆茶葉サンプル
☆敷き皿

価格13100円
茶香炉用の陶器皿は、4種類の中からお選び頂けます。





慈愛



ティアラ



えん




星座のアロマ&茶香炉についてのエピソード・想いなどは、以前の記事をご覧下さい。

星のしずく
http://d.hatena.ne.jp/hikarinowa1123/mobile?date=20110707&guid=on§ion=1309997011





『アロマプレート』


素焼きの丸いプレートにお好みのアロマオイルを数滴垂らして玄関やトイレの壁に掛けて使います。

香りは揮発しますので、ある程度重ねて違う香りのオイルを使用しても大丈夫。
トイレの後に、お客様が来られる前に…
数滴垂らして、気軽にアロマの香りを楽しんで頂けます♪

価格は、大きさや細工によって多少の違いがありますので、お問い合わせ下さい。
写真は、焼く前の生の状態です。
焼き上がりは、うすいピンク色になります。




『木霊-kodama-』


小さな焼き締めの丸いケースの中にカラー粘土を使用した色付きの素焼きボールが10個入っています。
この素焼きボールにお好みのアロマオイルを数滴垂らして、玄関やトイレ、お部屋などに置いて香りを楽しみます♪

とっても小さいので、ちょっとしたスペースにも置けます。

私もお客様の来られる時には、カウンターに置いて数滴垂らしています♪

ほんのり香る幸せな香りに、お客様もリラックスして下さるようです☆





アロマ作品以外にも日々の器達を作っています。


掘ってきた土を混ぜたり、お風呂を薪で焚いてとれた灰を使った釉薬を使ったり。

出来るだけ自然の恵みを活かして作っていきたいなぁ〜と思っています。


どうぞ、ヨロシクお願いします。



『星のしずく』
福岡県うきは市浮羽町
(うきは駅から1.5キロほど)

お問い合わせ
星のしずく
hoshinoshizuku_ukiha☆yahoo.co.jp

(☆を@に変えて送信して下さい)

2020年度お味噌作りワークショップのご案内

あっという間にもう12月!


お待たせしました!

たくさんの方々にお世話になった田んぼ仕事も何とか籾摺りまで一段落し、やっと今季の温泉の地熱で一晩かけて蒸しあげて作る地獄蒸しのお味噌作りワークショップのご案内が出来ます。


材料の手配や仕込みに時間がかかるので、三週間ほど前にご予約頂くとしたら 実際にワークショップを開催し始めるのは1月頃からかなぁ。。。と思ってますが、何月頃に作りたい!ってあれば、とりあえず意思表明して頂けてれば、日程調整しますので、早めにご連絡下さいませ。



ワークショップの度に試食用にお味噌をお分け出来るようにしていましたが、だんだんとお味噌を分けてーと仰って頂く方が増えてきて、最近はワークショップとは関係ない時期でも皆さんお味噌をーと来て下さるようになってきました。


なので、前期はパートナー君が頑張ってかなり多めにお味噌を仕込んでいます♪

なのでなので余裕があるはず(笑)

お味噌分けてーって方は、タッパーもご持参下さいね☆


ワークショップには参加出来ないけど、お味噌を作って欲しい!って方には、ちょっと割高になりますが代行も考えますのでお気軽にご相談下さいませ。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





お味噌作りワークショップ開催中は、この記事が一番最初にくるように設定しています。
日々の日記は、下をご覧ください。

☆お知らせ☆
カレンダー、ならび申し込みフォームが見れない方がいらっしゃいました。
ご迷惑をおかけしました。
改善し、貼り直しておりますので、再度ご確認下さい。

カレンダーの予定が書かれている所を押すと、あと何人可能なのか参加人数が見れるようになっています。

もし、カレンダーや申し込みフォームが見れない方がいらっしゃいましたら、メールでご連絡頂けると助かります。
メールでのお申込みでも構いませんので、難しい方は、お気軽にご連絡下さいませ〜

よろしくお願いします!

尚、お申し込みフォームからお申し込みされますと、まずは自動的に受付完了のお知らせが届きます。その後、こちらより連絡させて頂きますが、Yahoo!メールとなりますので、
星のしずく
hoshinoshizuku_ukiha☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて送信して下さい。)

このメルアドが受信できるようにお願い致します。





予約状況は、カレンダーをご覧下さい。


カレンダー

https://calendar.google.com/calendar/embed?src=ce01p62gruts6j5ch59l716ef0%40group.calendar.google.com&ctz=Asia%2FTokyo


お味噌作りワークショップ申し込みフォーム

https://hoshinoshizuku.timelessberry.com/



お申し込みを頂いた方に個別に「星のしずく」への道案内メールを送らせて頂きます。







星のしずくお味噌作りワークショップ

阿蘇小国の温泉の地熱で一晩かけて蒸す地獄蒸しによるお味噌作りワークショップです☆


一回の定員は6〜10名になります。
お一人約12kgのお味噌を仕込みます☆


参加費は、その年の材料の値段や各自の材料の配合によっても変化します。
下記を参考にされて下さい。



仲良しの皆様で集まってお申し込み頂くか、6名未満でお申し込みの場合は、こちらで日程の合う方々を探させて頂きますので、お早めに参加表明下さいませ♪



材料の手配や麹の仕込みを約2週間前から始めるので、3週間前にお申し込み頂くと助かります。

尚、木曜日は地獄蒸しがお休みになりますので、金曜日はワークショップの開催が出来ませんのでご了承下さい。



6名未満でお申し込みされる方は、希望月、希望曜日などありましたら、一緒にご連絡下さい。
通常11月〜4月位まで開催しています。




[流れ]

ワークショップ2日前に阿蘇の豆腐料理屋さんに無農薬大豆を阿蘇の伏流水に浸水して頂きます。

前日に私が、注文して仕込んで頂いた麹を醤油屋さんに受け取りに行って、そのまま阿蘇に行き、浸水された大豆を受け取って小国の岳の湯の温泉の地獄の蒸し場に入れます。

そのまま一晩蒸し上げます。


ワークショップ当日の朝にもう一度地獄へ行って、蒸し上がった大豆を引き上げて、アツアツのままに浮羽へ運びます。


それから、味噌作りワークショップ開始。


10時〜15時くらいの予定です。


早めに来すぎると私が小国から戻ってない事がありますので、ご注意下さい(笑)

尚、この季節の阿蘇は雪の可能性が高く、早朝は凍っていて通れなかったり、チェーンが必要になったりします。
その場合、時間通りに戻って来れない事もありますので、11時スタートにさせて頂くかもしれません。
前日に行ってみて雪の状況を確認してから、時間変更などになります時は、ご連絡させて頂きますので、ご了承下さい。



朝10時頃に集合して、お味噌作りはお昼過ぎには終わると思います。


片付けて掃除をし、持ち寄りランチをしてから、午後にお茶をしながら、分からない事などご質問頂き、15時頃には終了予定です。




[持って来るもの]

☆お味噌12kgほどを入れる容器☆


陶器の甕(8号で14.4L)やプラスチックの漬物容器(15型で15L)など

数個に分けても大丈夫です。

容器ギリギリまでお味噌を詰めると、水分が出て溢れる事がありますので、容器の八分目で収まるくらいの大きさをご準備下さい。

酒粕で蓋をされる方は、その分もご考慮ください。



陶器の甕に詰める方は、かなりの重量になります。
また、遠方から公共交通機関を使って来られる方は、大変なので、お味噌玉をビニール袋に入れて持ち帰り、ご自宅で容器に詰めて頂く事も出来ます。







☆持ち寄りのオカズ☆

参加者の皆さんで一緒にお昼ご飯を食べます。
こちらで無農薬の酵素玄米とお味噌汁を準備しますので、皆さんにみんなで食べられるオカズを持ち寄って頂きます。

ご家族で来られる場合は、人数もご配慮をお願い致します☆


お茶菓子なども大歓迎です♪


☆お味噌の試食用などを買って帰られる方は、タッパーもご持参下さい。






☆汚れてもいい服装☆

エプロン、三角きん、手拭きタオルなど

お味噌を作ったタライを外で洗います。
足元が水で濡れる場合がありますので、長靴など水に濡れてもいい靴。




☆会費☆

注文された麹や豆の種類などによって異なります。
毎年、その年の材料の価格等によって変動していますので、ご確認下さい。




2019年冬〜2020年春までの価格


☆大豆のお味噌

米味噌13500円
麦味噌11500円
合わせ味噌(米1:麦1)12400円

合わせ味噌(米1:麦5)11800円



☆小豆のお味噌

米味噌13900円
合わせ味噌(米1:麦1)12900円




☆ヒヨコ豆のお味噌

米味噌13900円
合わせ味噌(米1:麦1)12800円





1つ(12キロ)のお味噌をお友達と数人で作って分けて持ち帰る場合、お一人追加毎に1,000円プラスさせていただいていますので、ご了承下さい。


例えば。。。
大豆のお味噌、ヒヨコ豆のお味噌、小豆のお味噌の三種類を四人で作り、3種類を3キロづつ四人で分けて持ち帰る場合、各お味噌の価格プラス一人の追加料金1000円がかかります。



ご家族(お子様連れ)での参加も可能です。スペースやご飯の準備がありますので、何人で参加なのかご連絡下さい。


尚、ご家族以外の方の見学は基本的にお断りさせて頂いていますので、ご了承下さい。



☆楽しい気持ちとたっぷりの愛♪
これが一番美味しく出来るコツかも☆



[キャンセルについて]


麹などの材料の手配を2週間前から始めていますので、キャンセルができませんので、ご了承下さい。

当日、参加できなかった場合は、材料をお渡しするか、プラス1,000円でこちらでお味噌を作ってお渡しとさせて頂きます。

代わりに作って下さった方に1,000円お渡しします。




『材料について』


大豆は九州産の無農薬大豆(浸水は阿蘇の伏流水)


米麹の材料は大分耶馬渓産又は福岡浮羽産の無農薬米


麦麹の材料は福岡産麦でこちらは無農薬ではありません。(生産者の方を探して無農薬で出来る様に〜と思っています)


塩はオーストラリアのシャークベイの天日塩(ふり塩は天草の自然海塩など)


仕込み水は、阿蘇小国の岳の湯温泉の湧き水

岳の湯での地熱による一晩の地獄蒸し



※材料の産地は、その年の出来高により予告なしに変更する事がありますので、お問い合わせ下さい。



通常、大豆2キロに対して麹6キロ、塩1200g(+振り塩100g)で仕込んでいます。

ご希望により、豆(大豆、ヒヨコ豆、小豆)、麹(米麹、麦麹、合わせ麹)その他お好みの割合にできます。
下記の申し込みフォームにてご選択下さい。

どんなお味噌にしようか迷ったときは。。。
お味噌の種類についての記事
http://d.hatena.ne.jp/hikarinowa1123/20180202/1517579358



ご希望を伺って、2週間前には、材料の調達や麹の仕込みを始めますので、お早めにお申し込み下さい。


予約状況は、カレンダーをご覧下さい。


カレンダー
https://calendar.google.com/calendar/embed?src=ce01p62gruts6j5ch59l716ef0%40group.calendar.google.com&ctz=Asia%2FTokyo


お味噌作りワークショップ申し込みフォーム
http://hoshinoshizuku.timelessberry.com/



お申し込みを頂いた方に個別に「星のしずく」への道案内メールを送らせて頂きます。



分からない事などありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。



星のしずく
hoshinoshizuku_ukiha☆yahoo.co.jp
(☆を@に変えて送信して下さい。)














5月も終わり

今朝まで雨。

雨の前はバタバタするけれど、雨が降り出したら、ゆっくりのんびり。

今日は、お山の野いちご酵母でberry&nutsパン焼き♪

そして、酵母の様子を見ながら、破れたズボンの繕いもの♪

雨がたくさん降ると家の中に水がしみてくるので、雨が止んでからパートナー君はせっせと水瓶と流し台しの下からの排水の為の水の通り道の溝を掘ってました☆





雨の前は、ここのところ少しづつ準備していた苗の移植。


カボチャにポップコーン、レタス、ルッコラ、ナスタチゥーム、ヘチマ、そしてメインのピーナッツ♪


ナッツと果物大好きなパートナー君。
ピーナッツの種たくさん蒔いて、ピーナッツの苗が40個以上。。。

ナッツの木もたくさん植えたけど、実るまで何年もかかるから、それまでピーナッツ(笑)


お山の家の前の車が通る道沿いに腐葉土がたくさん溜まってたので、草刈りとお掃除を兼ねて、腐葉土を取り除いて、その腐葉土で畑の畝と道沿いに花壇を作りました♪


お花とハーブの種も蒔いたー♪

何年も落ち葉が積み重なって出来た土は、空気をたくさん含んで温かくてフワフワ!
こんなに気持ちのいい土だと、スクスク育つだろうなぁー

発酵の力ってすごい!
畑の土も少しづつ温かくて柔らかな土になってくかなぁー



そして、柿山から運んできていた薪のうち割らなくていいサイズのを丸ノコでコツコツ切っては、薪棚に入れる作業。

太いのはチェーンソーで切って、薪割り用に積み上げてー

梅雨入り前までに薪仕事終えられるといいけど。。。

とりあえず、田畑と薪仕事とお山仕事を並行しながら、ぼちぼち進めていきたいと思います☆


まぁるい畑のたくさんお花も咲いた混植具合が可愛らし過ぎて1日何度も眺めにいっちゃうこの頃です(笑)


あっ。
ご飯の写真は、お茶碗のは自家製黒米にヨメナと胡桃の混ぜご飯♪

車麩の中華風あんかけの上からかけてるのは、スイバの花(種?)をふりかけにー♪





f:id:hikarinowa1123:20200529112540j:plain
f:id:hikarinowa1123:20200531084853j:plainf:id:hikarinowa1123:20200531085207j:plainf:id:hikarinowa1123:20200528075005j:plainf:id:hikarinowa1123:20200531085955j:plainf:id:hikarinowa1123:20200531085926j:plain
f:id:hikarinowa1123:20200531085936j:plainf:id:hikarinowa1123:20200531085351j:plainf:id:hikarinowa1123:20200531085451j:plainf:id:hikarinowa1123:20200528080434j:plainf:id:hikarinowa1123:20200527180244j:plainf:id:hikarinowa1123:20200527180134j:plainf:id:hikarinowa1123:20200530151414j:plainf:id:hikarinowa1123:20200521182447j:plainf:id:hikarinowa1123:20200519123918j:plainf:id:hikarinowa1123:20200521180850j:plainf:id:hikarinowa1123:20200521090829j:plainf:id:hikarinowa1123:20200519101030j:plain
f:id:hikarinowa1123:20200519101106j:plainf:id:hikarinowa1123:20200522143212j:plainf:id:hikarinowa1123:20200531153040j:plainf:id:hikarinowa1123:20200531123432j:plainf:id:hikarinowa1123:20200531162553j:plain

稲の多年草化?

苗床の稲もスクスク育ってきて、今度の満月から田植えを始めようかーと、田んぼの草刈りをする為に水を抜きに行きました。


無農薬、無肥料、不耕起の自然農の田んぼ。

架け干しして、足踏み脱穀、手回し唐箕で、できるだけ機械を使わず育てています。

出来たら。。。
冬水田んぼで多年草化出来たらいいなぁーと、水を入れてみてたり。


で、パートナー君が一人生えの稲がたくさん出てるよー!って、一緒に見てたら、なんと去年の切り株からもたくさん出てる!!!


多年草化してる!!!!!

去年は冬暖かったからか?


で、耕しはしないけど、草刈り機で草を刈ってから水を入れずに手植えしてたので、草刈りする為に水を抜きに行ったはずが、急遽作戦変更!


切り株から出ている稲をそのまま育てて、欠けてる所だけ苗を補植する事に☆


多年草化して去年の続きを生きれるのなら、それだけ根っこもしっかり張っていて強く逞しいはず!


水を深水にして、他の草が枯れるか実験。

枯れなければ、田植えじゃなくて草刈りしなきゃーになるかも。。。


なんせ、新しく始める田んぼだし、多年草化も初めて。
初めての事ばかりで、どうしたらいいか分からなくて、その時々に応じるしかない。


でも、今まで田植えする前に草刈り機で草刈りしていて、一人生えしてる稲も刈っちゃったりして、私何してるんだろうなぁーってよく自己嫌悪に陥ってたから。


出来るだけ自然に任せて、稲が健全に命を全う出来るようにーって思いながら田んぼしてるのに、自分の意志で出てきた稲を刈って、人間が育てた苗を改めて植えるなんて。。。


自然に自分の意志で適期に最適な場所に出てきた稲の方が強いに決まってるのに、人間の都合で均等な間隔で人間に合わせた時期に植える。


そんな心の葛藤がありながらも、ランダムに生えてる一人生えの稲に合わせていられなくて、草刈り機で刈って育てた苗を植えてーってやってました。



ここにきて初めて、効率とか、ちゃんと成果が出せるか、とか抜きに、実際自然に沿ってみたらどうなの?って試してみれそう。


多年草化した株と欠けてる場所に植える田植えした稲の違いも、しっかりと分かりそう。





果てしなく大変な作業かもーだし、実りが少なくなるかもーだけど、出来るだけちゃんと自給用のお米は確保するつもり?!で、チャレンジしてみたいと思います。





f:id:hikarinowa1123:20200530141157j:plain
f:id:hikarinowa1123:20200530141224j:plainf:id:hikarinowa1123:20200530141455j:plain

雨の日の楽しみ♪

雨がたくさん降りましたねー

いつも雨の前は、アレコレ雨の準備で大忙しになる分、雨が降り始めるとゆっくりのんびり寛ぎモードです♪



ゆったりとお菓子を焼いて、美味しいお手製紅茶を淹れて雨の日を楽しんでます☆


今年は、5月初めの一週間ほど毎日お茶作りしちゃいました♪

紅茶作りにはまってしまって、素人なりに少しづつ研究してみたりして。
やっぱり発酵もの好き♪







今日は、雨の度に少しづつ作っていた台所の棚もようやく設置出来ました!

頂きものの廃材100%(笑)



パートナー君が、本当に好き勝手自由にさせてくれるので、お山での暮らしもやりたい放題に自分の好きなように少しづつ便利に暮らしやすくなっていっています♪


オーブンなしで薪ストーブで天然酵母パンやお菓子を焼くのも、毎回いろいろと工夫して楽しんでます。

ちょっとは上手に焼けるようになったかな(笑)


今は、野いちご真っ盛り♪
毎日たくさん摘んでは、ジャムやソースを作ろうー♪と思うのですが、摘んだそばからパクパク食べちゃって、ジャム出来そうにないわ。。。(笑)


野いちご入りのスコーンは作れたけど♪

フルーツ大好きなパートナー君は、摘んではパクッと食べ、摘んではパクッと食べーを繰り返しつつ、今、野いちご食べ放題の曲を作ってます(笑)


田んぼの方も、種下ろしから1ヶ月以上経ち、順調に育ってきています。

少しづつ田植え準備を始めなきゃかなぁーと思ってるとこ。

今年は小さな田んぼなので、すぐに終わるかな☆


畑の方もみんな元気に育ってきています。


毎年勝手に種が落ちて自然更新していってくれるようになるといいなぁー(笑)

大根や人参、ゴボウにカボチャ、菊芋やトマトは、種が落ちて勝手に育ってる。

それが一番強くてエネルギッシュだったりしますもんね。


朝起きてすぐに朝露にキラキラと輝く畑やお山のみんなに会いに行くのが、毎日の楽しみです♪















f:id:hikarinowa1123:20200512114832j:plainf:id:hikarinowa1123:20200506073929j:plainf:id:hikarinowa1123:20200510093957j:plainf:id:hikarinowa1123:20200506120415j:plainf:id:hikarinowa1123:20200510134901j:plainf:id:hikarinowa1123:20200510160656j:plainf:id:hikarinowa1123:20200507092930j:plainf:id:hikarinowa1123:20200505085124j:plainf:id:hikarinowa1123:20200505083057j:plainf:id:hikarinowa1123:20200506133747j:plainf:id:hikarinowa1123:20200510164735j:plainf:id:hikarinowa1123:20200511144916j:plainf:id:hikarinowa1123:20200512084434j:plainf:id:hikarinowa1123:20200516152330j:plainf:id:hikarinowa1123:20200516152156j:plainf:id:hikarinowa1123:20200516180051j:plainf:id:hikarinowa1123:20200516182530j:plainf:id:hikarinowa1123:20200516182555j:plainf:id:hikarinowa1123:20200512060841j:plainf:id:hikarinowa1123:20200512064742j:plainf:id:hikarinowa1123:20200512065023j:plainf:id:hikarinowa1123:20200512065142j:plainf:id:hikarinowa1123:20200512065321j:plainf:id:hikarinowa1123:20200512070633j:plainf:id:hikarinowa1123:20200512070812j:plainf:id:hikarinowa1123:20200512070857j:plainf:id:hikarinowa1123:20200514064346j:plainf:id:hikarinowa1123:20200514064454j:plainf:id:hikarinowa1123:20200516115548j:plain

お日様さまさま雨さまさま

ひさびさの雨ですね。
雨の日は、のんびりゆったり♪

種まきした畑もカラカラだったので、みんな大喜びです♪
一気に発芽するかなぁー


雨の前は大忙し!
昨日は、雨が降り出す前にーと、お山に干していた薪や家を建てる為にコツコツ集めている廃材の材料達を積み上げてシートがけ。

お山で集めてきた枝も丸ノコで切って室内へ。

そして、車道まで集めておいた一年分の薪を柿山から家まで運ぶ作業。


軽トラ6台分あった!

雨が降ると重くなるし、その後乾くまでしばらく作業出来ないし。。。
暗くなるまで、やってしまいました。

ホッと一安心だけど、筋肉痛(笑)



あとは、暇暇にチェーンソーや丸ノコで切って、薪割りして、梅雨までに薪棚に積めばいいので、マイペースに出来ます。



一昨日の朝、やけにお茶の新芽が輝いて見えて、思い立って茶摘みして新茶を頂きました♪

あとで知ったら、なんとちょうど八十八夜の日!


稲の新芽も出始めてきました♪


今年は、

下の田んぼに
アサヒ、ヒノヒカリ、ハッピーヒル(もち)、緑米(もち)

お山の田んぼに
アサヒ、ヒノヒカリ、赤米、黒米、緑米、香り米、ナガランド米、御神米



今季は、日々食べる自給用の粳米を中心に多品種だけど少しずつお楽しみの餅米をー♪


餅米、ご飯に混ぜるだけでは、毎年食べきれなかったので、餅つき機でお餅をついて、朝ご飯やおやつ用にする事に♪


祖母が生きていた頃、毎年年末にお餅をついて鏡餅を作っていて、その頃使っていた大きな餅つき機が倉庫に眠ってないかなぁーと気になってたのですが、ありました!

餅つき機ゲット!


かなり大きくて、スイッチが蒸すとつくしかない単純な仕組み(笑)


単純だからか、40年以上経ってても丈夫に使えてる!


やったぁー♪
ますます、食が充実します☆


いろいろ新芽も出るこの季節、天草に住んでた頃に今は亡きご近所のおばあちゃんから教えてもらったクサギナと山椒の佃煮も毎年作っています。

クサギナご飯やヨメナご飯も美味しい♪

藤の花も天ぷらに☆

食材たくさん!山菜バンザイー♪



最近の課題は、お山で洗濯する事(笑)

雨樋&雨水タンクの設置が、まだまだ不十分で洗濯する水は足りない。。。

雨水タンクを何にしよーと考えてたのですが、借り物の水瓷を流し台で試しに使ってみたら、なかなかいい感じなので、大きな水瓷を何個か使って生活用水に出来ないかーと思っています。


先日、日田のアマヤマ草庵の安達ファミリーから大きな水瓷を1つ譲り受け、この雨で初使い☆

https://m.facebook.com/shinichiro.adachi.37




田舎や倉庫などに使ってない大きな水瓷があるよー、使っていいよーって方は、ぜひご連絡お願いします☆


まだ1つしかないので、何個か設置したいです!


砂利とか活性炭とか詰めて、飲み水も作れるようになるといいなぁー♪


洗い物用のお水も乏しくなってたので、雨たくさん降りますようにー(笑)



今は、星のしずくの方で洗濯して、お山に持ってきて干してます☆

物干し竿もまだなので、櫟ちゃんが大活躍!

洗濯物パラダイスです(笑)


f:id:hikarinowa1123:20200503075930j:plain
f:id:hikarinowa1123:20200502093207j:plainf:id:hikarinowa1123:20200501103324j:plainf:id:hikarinowa1123:20200502071116j:plainf:id:hikarinowa1123:20200502065717j:plainf:id:hikarinowa1123:20200430172809j:plainf:id:hikarinowa1123:20200430171330j:plainf:id:hikarinowa1123:20200430084918j:plainf:id:hikarinowa1123:20200430071034j:plainf:id:hikarinowa1123:20200430071014j:plainf:id:hikarinowa1123:20200428161205j:plainf:id:hikarinowa1123:20200426183342j:plainf:id:hikarinowa1123:20200426181635j:plainf:id:hikarinowa1123:20200426183411j:plainf:id:hikarinowa1123:20200428125035j:plainf:id:hikarinowa1123:20200427151446j:plainf:id:hikarinowa1123:20200428100953j:plainf:id:hikarinowa1123:20200428114147j:plainf:id:hikarinowa1123:20200426131934j:plainf:id:hikarinowa1123:20200429073643j:plain

うまうま♪

細い細い月が美しい夜。

一週間ほど前に種おろしした稲が少し発芽してきてました♪

今晩は、パートナー君が日田の無農薬農家さん梶原農園さんのビーツと蕪、浮羽のよかもんイチゴさんの新玉ねぎ、うちで採れた椎茸を使って、赤色パスタを作ってくれました☆

梶原農園さんのカフェBijaで特別メニューで出されていた時に作り方を教えて頂いて、薪ストーブの上でパートナー君がアレンジしたもの。


綺麗な赤いパスタは、かなりのインパクトだけど、味も香りもスッゴく美味しかった!


稲の発芽とお友達のお誕生日のお祝いも兼ねて、三週間ほど前に仕込んでおいた春の野草酵素ジュースとロゼワインを混ぜて、パスタと一緒に乾杯しました♪



最近は、家の前の竹林で毎日のように筍掘り。
ストーブを竈状態にして大鍋をのせて米糠と唐辛子で灰汁抜きする茹でバージョンと蒸し器で三時間ほど蒸して灰汁抜きする蒸しバージョンの二種類作っています。


筍は鮮度が命!と、掘りに行く前に熱々に蒸気を出して、薪ストーブも大鍋もセットして、掘ってすぐに灰汁抜きする徹底ぶり(笑)

しっかり灰汁は抜けて、甘味のある美味しい筍になります。


蒸しバージョンは、薪ストーブの上と天日で干しての保存食に。

この干し筍がかなりの絶品!


茹でバージョンは、周りの方々に配る分と自宅用、水煮の瓶詰めの保存食に。


美味しそうなサイズのが採れた時は、掘ってすぐにそのまま薪ストーブに投入ー♪

丸焼きもホクホクの絶品!



うまうまの日々(笑)






f:id:hikarinowa1123:20200425183837j:plainf:id:hikarinowa1123:20200425183017j:plainf:id:hikarinowa1123:20200410091905j:plainf:id:hikarinowa1123:20200411081302j:plainf:id:hikarinowa1123:20200424135633j:plainf:id:hikarinowa1123:20200424135823j:plainf:id:hikarinowa1123:20200424211042j:plain
f:id:hikarinowa1123:20200420104021j:plain